副業ビジネスチャンネル『福チャン』 > 消費税増税による負担を副業で簡単に解消できる

消費税増税による負担を副業で簡単に解消できる

2014年4月から、消費税が5パーセントから8パーセントに増税となり、その差3パーセントといえども、ほとんどの人が家計への負担や影響があると感じているようです。
さまざまな機関で増税に関する調査やアンケートを行ったところ、消費税増税により、本業の賃金のベースアップに期待したいけれども、期待できない企業に勤めている人々の間では、副業に関心を持つ人が増えている傾向が明らかとなったそうです。

これまでは副業にあまり関心が無かった人々も、消費税の増税により、家計への負担を目の当たりにしたのでしょう。
本業の賃金が増税分だけでも上がらない場合には、収入を増やす以外ないと判断する人も多かったようです。
増税前に比べて、副業に対する関心は7割ほど高まり、副業をして家計への負担を解消しようという考えを持つ人も増えていると思います。

副業を始めるにあたり、専門的・特殊なスキルがあった方が良いと考える人も過半数を占めており、副業をするならしっかりと稼ぐことを意識している傾向が強いようです。
副業といえども資格や経験を含め、なんらかの強みがあった方が良いと考える人が多いのでしょう。
一方で、自分にはそういった強みが無いと感じる人も多くいることが現状のようです。

<増税・国債・年金から抜け出す方法>
消費税が5パーセントから8パーセントに増税され、家計を圧迫したり、賃金が実質アップしないままで収入が減ったように感じるなど、さまざまな現象が起こっていると思います。
この消費税の増税分は現実的には、医療、福祉、介護、年金に充てられることになっており、一部では、高齢者に対するものだとも言われています。

高齢者のための増税と言っても過言ではない今回の消費税増税に対して、労働者だけが負担を感じながら生活していくのは不公平だという人も居て、高齢者も消費税増税に対し負担をするべきだという考えも多くあります。
これまでの世代の方々は、国の借金を増やし、現在の世代に返済を求めているところがあり、現在の労働者は、増税と、国債と、年金の三重苦を味わっている状態と言えるでしょう。

働いても給料が上がらない、もしくは税金で多くを取られてしまうのでは、そのうちに労働意欲も下がってしまう可能性もあります。
労働者の収入に頼る経済ではいずれ国民からの不満は爆発するでしょう。
後々は消費税は10パーセントまで増税されることが決まっています。
その頃までに増税だけで経済をまかなおうとするのではなく、日本経済自体の活性化を目指して行くことが必要だと思います。