副業ビジネスチャンネル『福チャン』副業情報コラム > インターネットでの株やFXは、副業になるの?ならないの?

インターネットでの株やFXは、副業になるの?ならないの?


会社勤めをしているサラリーマンが副業を始めようと考えたときに阻まれるのが「副業禁止」の就業規則ではないだろうか。副業を禁止している会社は非常に多い。でもちょっと待って、株やFXって副業に該当するだろうか。そんな悩みを抱えた方に、株やFXが副業として認められるのかどうかについて解説していこう。

【株やFXは副業なのか】
そもそも株やFXは副業なのだろうか。会社の就業規則で書かれている副業には当らないというのが一般的な考え方となる。というのも、株は不動産と同様に本人の意思とは関係なく、財産として相続する場合もあるからだ。この場合にも副業だと言って罰則を加えてしまうのはやはりかわいそうだ。そのような観点からも基本的に副業とは認められていない。

【株やFXをやっていても問題はないか】
株やFXが副業でないのであれば、就業規則にもひっかからないわけで、株やFXをやっていても問題はないのだろうか。確かに株やFXは副業ではない。しかし、就業時間中にこれらの操作をしていたら問題にはなる。特に今はインターネットでいつでもどこでも株やFXができる時代だ。会社のパソコンからも操作することが容易にできるだろう。FXは基本的に24時間取引が可能なので退勤後に取引を行うことも可能だが、株式は市場が開いているのが月曜日から金曜日の9時〜15時とコアタイムにちょうど重なっているので何とも難しいところだ。

【株やFXは会社にバレないのか】
株やFXをやっていると会社にバレることはないか心配にならないだろうか。もちろん、就業時間中にやっていたらバレる可能性は高くなるが、自宅でやっていてもバレることはあるのかどうか気になるところだ。副業は基本的に税金でバレる可能性が高まる。株の場合、特定口座、源泉徴収ありに設定すれば株に関わる税金は証券会社が処理してくれるので自分で何もすることがなく、会社にもバレることはない。FXは雑所得に分類されるので、税金の申告を自分自身でやっておけば問題はない。