副業ビジネスチャンネル『福チャン』副業情報コラム > 副業で稼いでいるが、20万以下の収入なら確定申告しなくても大丈夫なのか?

副業で稼いでいるが、20万以下の収入なら確定申告しなくても大丈夫なのか?


給与所得があり、他に20万円以上の所得を持っている場合、確定申告をしなければいけない基準とされている。では副業をしていて20万円以下の収入であれば確定申告はしなくても良いのだろうか。確定申告をしなくても良い場合としなくてはいけない場合、2パターン見ていこう。

【確定申告が不要な場合】
確定申告の有無は副業の種類によって変わってきます。前提として本業の方で源泉徴収されている場合ですが、雑所得や事業所得で収入が20万円以下なら確定申告は不要になります。基本的には20万円以下の部分に課税されないためです。雑所得というのは株やFX、アフィリエイトなどが含まれます。事業所得には、個人事業として請負ったイラストやデザイン、物販した収益などが含まれます。これらの収入が20万円以下であれば確定申告は不要となります。

【確定申告が必要な場合】
確定申告が必要になるのは副業が20万円以下でも給与所得で、源泉徴収されているときです。源泉徴収されているということは、税務署を通じて会社にも副業していたことがバレる恐れがあります。それを防ぐためにも個人で確定申告が必要になります。具体的に給与所得とは何を差すのでしょうか。給与所得の副業として代表的なものがアルバイトです。アルバイトの場合、雇い主は税務署に人件費の報告をする必要があるので源泉徴収をされています。
事業所得でも源泉徴収されている場合があります。企業との取引を行った場合などは最初から源泉徴収された上で報酬を渡されることが多く、見落とさないよう注意が必要です。
所得が20万円を超えなくても、売上が20万円を超える場合も確定申告が必要です。例えば、利益が15万円だったとしても、何か物を販売した売上が30万円あったとしたら、確定申告で仕入れにかかった費用や運搬などの経費を差し引いて報告しないと15万円だとは認めてもらえません。このような場合にも確定申告が必要になります。