副業ビジネスチャンネル『福チャン』副業情報コラム > 公務員が副業をやっていいものなのか?

公務員が副業をやっていいものなのか?

ある公務員が20年以上もの間、声優業として副業をしていた事件が、ニュースで大きく取り上げられたことがあります。公務員がサイドビジネスで収入を得ていたことが発覚し、事件となるのはそう珍しいことではありません。
事件化したこととはいえ、そう悪いことをしているようには思えません。
なぜダメなのか、その理由などをご紹介します。

○公務員の副業は原則禁止です!
会社勤めならば、副業を禁止されている方もいるでしょう。しかし公務員の場合はより制限が強く、法律で禁止されているほどです。それには、以下の理由があります。
1.本来の業務に支障を出さないため
2.公務で得られた秘密を利用され、漏れだすのを防ぐため
3.世間体の悪い業務に就くことで、仕事先の信用を失わせないため
4.民間の企業との間に発生してしまうであろう癒着を防ぐため
これらの理由により、公務員は自由なサイドビジネスが禁止されています。しかし公務員の収入は安定しているとはいえ、下がる一方であり、生活が苦しくなっている方も少なくありません。

○公務員も得られる副収入…しかし注意点は多い
実は、副収入なら全てダメというわけではありません。実は、FXならば公務員でも副収入を望むことができます。そのリスクについてはもちろん低くはなく、運用に失敗すればかえってお金を失うことにもなってしまいます。
さらに公務員の場合は、一般の方以上にリスクが高いものとなります。公務員という立場は、それぞれの企業がどんな仕事を始めるのか事前に知る機会が多いものですが、そのような情報で取引した場合は、インサイダー取引として処罰の対象となってしまいます。

○「安定収入」がウリの公務員…副収入のリスクは大きい
ご覧いただいた通り、公務員がサイドビジネスを行う場合は、一般の人以上の大きなリスクがあるものです。公務員であるという事は、そのような副収入を狙わずとも将来の安定が約束されているということでもあります。
このような安定を失うリスクを犯してまで始めるべきビジネスなのかは、よく考えた方が良さそうです。