副業ビジネスチャンネル『福チャン』副業情報コラム > 副業が会社にバレた時に使う言い訳を紹介

副業が会社にバレた時に使う言い訳を紹介

本業での収入だけでは生活が心許ない、などの理由でやむなくサイドビジネスを行われる方は少なくありません。しかし、現在ほどんどの会社では、社員が本業とは別の仕事、つまり副業に従事することを許してはいません。
どんな副業であっても、収入があれば確定申告などの公的な手続きを行う必要があり、会社にバレてしまうということがあるものです。そんなときの言い訳は、事前に用意しておくべきかもしれません。

○緊急性をアピールする
どんな人であっても、副収入を得た経験はあるものです。あなたのサイドビジネスについて詰問している会社の上司であってもそれは同じはずです。
やむを得ず、本業以外の仕事に従事せざるを得なかったということを説明しましょう。例えば「身内が体調を崩して仕事に出られなくなったため、代わりに働くことになった」「友人の結婚式が連続して思わぬ出費があり、補填しなければならなかった」などです。
現状は長くは続かないことを理解してもらうことができれば、許してもらうことができるはずです。

○収入は少ないことを伝える
サイドビジネスが嫌がられるのは、やはり副収入に対する嫉妬の感情も少なからずあります。現在行なっている副業による収入は、相手からの厚意による謝礼であり、ほとんど無収入であることを伝えましょう。
また本業に対して与える影響が、体力的にも時間的にも少ないと伝えることも重要です。あくまでも本業一本に力を入れていることをアピールしましょう。

○バレないようにすることも大切
言い訳をして許しをもらうことも大切ですが、余計な波風は立たないように努力することも大切だと言えます。会社では信頼のおけるような同僚であっても、副収入があることについては言わないようが良いでしょう。
特に悪いことをしている訳ではなかったとしても、副収入があることで思わぬ敵対心を持たれてしまい、会社へ悪い形で報告されてしまう恐れもあるのです。相手にどう思われるかを考えましょう。