副業ビジネスチャンネル『福チャン』副業情報コラム > 2016年話題になった副業ってなに?

2016年話題になった副業ってなに?

「副業を始めたいけど、どれがいいのかわからない」という人は多いのではないでしょうか。そのような場合、現時点で一番話題になっている副業を始めるのがおすすめです。2016年に話題となった、最新の副業事情についてまとめてみました。



不要品を貸し借りするシェアビジネスが話題



今までは不要品があった場合、リサイクルショップやオークションサイトで売るという方法が一般的でした。しかし、2016年に話題になっているのは、不要品を個人の間で貸し借りする「シェアビジネス」です。空き部屋や駐車場、車や自転車などの物品から、家事や観光ガイド、英会話などのサービスも個人間で貸し借りができるようになりました。

シェアビジネスの始め方は、まずスマホにシェアリングサービスのアプリをインストールして、自分の不要品やサービスを登録します。「借りたい」という人が現れたら、受け渡し場所や料金について打ち合わせを行い、シェアリングサービスを通じて報酬が振り込まれます。物品やサービスによって料金に幅がありますが、車や不動産などは高収入が見込めます。



企業と個人をマッチングするクラウドソーシングは新しいサービス



仕事を発注したい企業と、受注したい個人や小規模な会社をネット上で仲介するのが、「クラウドソーシング」というサービスです。簡単なデータ入力から専門性の高いWebデザインなど、案件は多岐にわたります。自分の得意な分野の仕事を探すこともできますし、プロフィールを見て企業から仕事の相談が来ることもあります。

登録方法は簡単です。クラウドソーシングサービスを提供しているサイトに、自分のスキルなどを登録して仕事を探します。プロフィールに得意なことや実績などが掲載されていると、企業から声がかかりやすくなります。仕事のオファーを受けてできあがったものを納品すると、仲介手数料が引かれた金額が収入になります。報酬額は案件によって違いますが、自分の得意なことを活かして稼げる新しいサービスです。



高収入が見込めるFXの人気は衰えない



株式投資などは昔から副業として人気でしたが、2016年はFXを選ぶ人が増えています。外国通貨を売買する投資は、数千円から始められるので、サラリーマンだけではなく主婦やOLにも人気です。スマホで取引ができるので、休憩中に為替レートをチェックすることが可能です。

FXに人気が集まる主な理由は、株式投資などに比べて売買手数料が安いことです。1ドルにつき0.3円程度なので、リスクを最小限に抑えることができます。また、平日は24時間、土曜日や祝日も取引ができるのも大きなポイントです。為替レートと売買のタイミングによっては、高収入が期待できる副業のひとつです。

スマホ市場の拡大に伴い、シェアビジネスアプリやFXアプリなど、さまざまなサービスが簡単に使えるようになりました。仕事を発注したい企業と個人をマッチングするクラウドソーシングは、企業側にはコスト削減、個人側には自分の好きな仕事を選べるというメリットがあります。2016年に話題になったこれらの副業を、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。