副業ビジネスチャンネル『福チャン』フリーエジェントがオススメ > フリーエージェントのメリットとデメリット

フリーエージェントのメリットとデメリット

フリーエージェントという働き方をする上ではさまざまなメリットがあります。
組織に属していない分、自分自身に圧力をかけたりする存在がほとんどなく、上司と部下の面倒なやりとりも存在しません。
ストレスフリーで稼ぐことが出来ます。
また時間に縛られるようなこともなく、働く場所も特に決まっていません。
こうした条件やルールについて決めるのはフリーエージェント自身です。

大きなメリットとして好きな仕事だけを選ぶ事が出来、労働時間とそれに対する収入が反比例することが挙げられるでしょう。
ある意味夢のような話しで、好きな仕事を短い時間だけ働いて、通常では考えられないほどの収入を得ることが出来るということです。

その分、労働時間を増やすことにより、収入をさらに増やすことも可能です。
企業に就職していたら、労働時間は決められており、稼げる金額にも限界があるでしょう。
その点、フリーエージェントは稼げる金額に限界もありません。

起業するならある程度の資金が必要となり、失敗すればその分のリスクを背負うことになります。
その点でもフリーエージェントはインターネット環境とパソコンがあれば誰でも着手することが出来るために大変リスクも敷居も低くなっています。

フリーエージェントはハイリスク?デメリットもある




働く時間も、仕事の内容も自由になり、働くルールすらも自分で決めることが出来るフリーエージェントですが、そのデメリットも存在しており、いくつか紹介したいと思います。

自由なワークスタイルならではのデメリットとして、自分の仕事について計画が立てられない事が挙げられます。
働きたい時に働けば良いとは言え、ある程度は定期的に働きたいと思っているフリーエージェントもいるでしょう。
日本のワークスタイル上、ある程度先まで計画が立てられる方が日本人としては安心できるもので、それがなかなか難しい点が挙げられます。

また、社内では当たり前に耳にしていたような情報は一切入って来なくなり、その分社内に入らないような情報を掴めるようになります。
一長一短と言える部分で、社会保険や税金関係、諸経費についても、ある意味同じニュアンスとなります。

毎日決められたオフィスにずっと居る事が無いために、徐々に孤独な存在となり、サラリーマンのような同じ会社の人という連帯感などは感じられない存在になってしまいます。
完璧な仕事を求められるようになればそれだけやりがいもあるでしょうが、コミュニケーション上では孤独感を感じることが多くなるようです。