副業ビジネスチャンネル『福チャン』学生でも稼げる副業を紹介 > スマホアプリの制作で学生でも稼げる

スマホアプリの制作で学生でも稼げる

スマホアプリを作成し、配信することで大きな利益を得ている方は少なくありません。今はバブル市場とも言えるほど人気を集めている分野であり、学生が始める副業として、注目されているのです。

○アプリ作成で、どのくらい儲かるの?
もし優秀なアプリを作ることができたなら、その時に得られる金額は数百万という単位も難しくありません。アプリという実体のないものでありながら、無視できない大きな額を稼ぐこともできてしまうのです。
元手の少ない学生が始めるサイドビジネスの条件としては、十分といえるでしょう。しかし、実際にはいくらかの初期投資が必要となってきます。

○何が必要になるのか?
アプリ開発のためには、プログラムを組むためのパソコンが必要となります。スマホといえば「Android」と「iPhone」の二種類ありますが、windowsとMACのどちらであっても開発そのものは可能です。
しかし、実際に開発する場合は環境を整える必要があり、その視点で言えば「Android開発ならwindows」「iPhone開発ならMAC」である方が簡単に始められます。

○AndroidとiPhone…どちらのアプリ作成がいいのか?
Androidアプリは有名プログラム「Jaba」で作成可能であり、アプリ開発未経験でも触れた経験があるかもしれません。一方のiPhoneは「Objective-C」の知識が必要となりますが、こちらの方が簡単に作成できると言われています。
Androidは機種ごとに画面サイズが大きく異なるため、その調整に苦労することになりますが、iPhoneでその心配はありません。利用者そのものもiPhoneの方が多いため、売上の面でも期待できるかもしれません。

○学生生活を続けながらプログラムの勉強ができる
アプリ作成が魅力的なのは、稼ぎそのものはもちろんですが、勉強そのものが成立してしまう点で学生に有利なのです。スマホアプリの作成実績が十分ならばその後の就職でも有利であり、さらに高みを目指すならば自分で起業するのもアリでしょう。