副業ビジネスチャンネル『福チャン』消費税増税対策 > 消費税5%⇒8%の負担が補う為にはいくら必要?

消費税5%⇒8%の負担が補う為にはいくら必要?

消費税が5パーセントから8パーセントに増税となり、その差3パーセントの負担を補うとしたら、どのような方法があるでしょうか。
その差額分の給料がベースアップになるなら、負担を感じにくいでしょうし、生活そのものも何とかなりそうなものですが、日本全国全ての企業がそれを実施出来るとは限らないと思います。
そのため、個人で副業をするなどして収入を増やす必要が出てきます。

およそ3パーセント分の負担を補う事が出来る副業となると、20万円の収入がある人はおよそ6千円分副業で稼ぐ必要があるということでしょうか。
単純に計算すればこのような金額ですが、実質は給料から天引きされている部分も増税されていますので、もう少し多く副収入があった方が良いと考えます。

どの程度の金額になるかは個人差がありますので、わかりやすく収入の10パーセントを目安に考えると良いと思います。
副業で稼ぐとしても10パーセント程度なら何とかなりそうな気がします。
週末のアルバイトでも、インターネットを利用した副業でも、両方合わせた場合でも副業で補うことが出来そうだと思います。
働き方はさまざまだとしても、具体的な金額としては、2~3万円前後稼げる副業が良いようです。

消費税が5%⇒8%は月1~3万円の副業で補える


消費税が5パーセントから8パーセントに増税されたことにより、単純計算で言えば、自分の収入のうち3パーセントほど生活が苦しくなることが予想出来ると思います。
この3パーセント分をどうにかしてカバーするためには、本業の給料だけでなく、副業をして副収入を稼ぐと言う方法も有効だと思います。

本業の給料の3パーセントという金額は、人により変動があるかと思いますが、だいたいの目安として1万円から3万円程度の金額だとすると、副業でも十分に稼ぐことが出来る金額だと思います。
副業初心者が目標とする副収入の金額でもあるからです。

この金額に上下する場合でも、副業で1~3万円ほどの副収入を得られるようになれば、生活が潤い、消費税の増税分の金額をカバーしていくことが出来るようになると思います。
もしかしたら増税分をカバーしてもお釣りが来て、いくらかでも貯金に回す事が出来るようになるかもしれません。

こうして手元にいくらかずつでもお金を残していけるようになると、副業に取り組むことも、貯金することもだんだん楽しくなっていくでしょう。
本業だけの給料では成しえなかった貯蓄や、欲しかったものを購入するなど、次なる目標も見えてくるかもしれません。