副業ビジネスチャンネル『福チャン』ちょっと変わった副業紹介 > 飲酒した人の代わりに運転する運転代行の副業を紹介

飲酒した人の代わりに運転する運転代行の副業を紹介

昔は、お酒を飲んだ後でも車を運転して帰宅することが慣例化していましたが、飲酒運転への処罰が厳しくなってからは、地方都市を中心として「運転代行」サービスを利用する人が増えてきました。
日中はサラリーマンとして働いているあなたも、週末は運転代行の副業で副収入を狙ってみませんか?

○二人一組なので、慣れない方でも安心して始められる
運転代行は客の車を代行して運転するだけでなく、送り届けた後は代行業者の車で戻ることになるので、必ず二人一組です。誰でも経験者の元で勉強しながら慣れていくことができるわけです。
代行運転は、タクシー運転手ように一人で仕事することにはならないため、一人当たりの負担が少ないのも利点です。

○運転代行は需要の多い仕事
冒頭でも触れましたが、運転代行の仕事はとても需要の高い仕事です。特に週末の、飲み会が終わりとなる夜から深夜にかけては「かき入れ時」であり、週末だけのアルバイトでも時給で1,000円ほど、歩合制ならばもっと上を目指すことも可能です。
お客と触れ合う接客業であり、時には「酔いつぶれている客」も相手にしなければならないため、負担のある仕事です。逆に、接客業に慣れている方ならば収入を安定させることもできます。

○第二種運転免許を取得すれば収入アップ
代行運転を始めるために必要な資格は特にありません。しかし、その場合は代行業者の車で随行して回る仕事しか請け負うことができません。お客の車を代わりに運転するには、タクシー運転と同じ「第二種運転免許」の取得が必要となります。
他人の車で事故を起こすことは避けなければいけないため、とても神経を使うことになります。しかしさまざまな車種の運転ができることにもなるので、運転が好きな方には向いています。
もちろん、第二種運転免許を持っていれば、さらなる収入アップを目指すこともできます。非常にやりがいのある副業なので、時間と体力が許すなら、ぜひ検討してみましょう。