副業ビジネスチャンネル『福チャン』在宅ワーク > 在宅ワークで得た収入は、確定申告が必要なのか?

在宅ワークで得た収入は、確定申告が必要なのか?


副業で在宅ワークをしている人は多かれ少なかれ収入があるはずだ。収入があると、そこに税金がかかってくる。すると確定申告が必要になってくるのかどうか不安になってくるのではないだろうか。在宅ワークで得た収入に確定申告が必要なのかどうか、説明をしていこう。

【確定申告が必要な条件】
アフィリエイトやライティング、チャットレディなど様々な在宅ワークがあるが、これらの副業で収入を得ている場合、確定申告が必要になってくることがある。まずは会社員など給与所得を得ていて、在宅ワークを副業で行っている人は年に20万円以上の収入があれば確定申告が必要になってくる。それ以下の場合でも会社に副業がバレるのが不安な人は念のため確定申告しておくことをオススメする。
次に、在宅ワークを専業にしている場合、年に38万円以上の収入があれば確定申告が必要になる。ただし、これには条件がある。専業主婦や学生など生計を立てる人が他にいて、扶養に入っている場合は扶養控除が適用され金額が変化するのだ。扶養控除適用後の確定申告が必要な収入は103万円以上となる。専業者としての38万円と扶養控除65万円が足された金額だ。

【在宅ワークで得た収入の扱い】
在宅ワークで得た収入は帳簿上では基本的に雑所得として計上される。雑所得は銀行にお金を預けて得る利子所得、株式などを持っていることによる配当所得、事業契約を行って報酬を得た場合の事業所得、不動産賃貸などによる不動産所得、会社から支払われる給与所得、会社を辞めたときに払われる退職所得、山林を譲渡した際に発生する山林所得、土地や建物などを譲渡したときに受け取る譲渡所得、懸賞や福引き、ギャンブルなどによる一時所得のいずれにもあてはまらないものが該当する。例えば、年金、作家以外の職業の人が受け取る原稿料や印税、講演報酬、放送謝金などが当てはまる。多くの在宅ワークが昔ながらの所得の概念から離れている仕事が多いため、雑所得に当てはまるというわけだ。