副業ビジネスチャンネル『福チャン』在宅ワーク > 在宅で収入を得られるデータ入力業務とは?

在宅で収入を得られるデータ入力業務とは?


【データ入力とは?】
在宅ワークでよくあるデータ入力の仕事とは、パソコンで伝票や住所などクライアントに指定されたデータをひたすらワードやエクセルに打ち込む仕事だ。同じことを黙々とやり続けられる単純作業が好きな人が向いている。以前はデータ入力を内省していたため、派遣社員やアルバイトの仕事になっていたが、クラウドソーシングが発達した今日ではまるごと外注することも増えてきている。データ入力は短い時間でいかに多くのデータを入力するかが収益を上げるキモとなっている。つまりタイピングの技術と経験が求められる仕事なのだ。技術と経験が積み重ねられるほど早く、正確にデータ入烏力が出来るようになるため、より稼ぐことが出来るようになる。

【データ入力で1ヶ月どのくらいの収入を得られるのか】
データ入力案件は1件あたり○円、1000件まとめて○円などという報酬で募集されることが多い。そのため、スピード感と集中力が要求される。稼ぐことの出来る金額は、案件や打ち込む情報量にもよるのだが、時給に換算すると慣れている人であれば1000円前後稼ぐことが出来る。この時給を前提にシミュレーションしてみよう。1日5時間データ打ち込みを月に20日受注すれば月に10万円ほどの報酬になる計算だ。これは副業として稼ぐ数値としては悪くない金額ではないだろうか。

【データ入力の仕事を受けるために準備すること】
データ入力の仕事を受けるに際しては必要不可欠なものがある。それはパソコンだ。まずはパソコンがないことには話にならない。そして、ワードとエクセルのソフトが必要になる。これはデータを入力し、クライアントに提出するために必要となる。さらに、仕事を受注し、完了後に納品するためにインターネット環境の準備も必要になるだろう。つまりは最低限のパソコンとインターネット環境があれば出来るのだ。その他、準備として打ち込みのスピードと正確さを練習するためにタイピングソフトがあっても良いだろう。