副業ビジネスチャンネル『福チャン』ワーキングプアを回避する方法 > ワーキングプアの歴史

ワーキングプアの歴史

ワーキングプアという言葉そのものは、元々は日本発祥のものではないそうです。
ワーキングプアと言う言葉は、アメリカで生まれた言葉で、正社員として、または正社員と同じくらいの労働環境で働いても、生活が貧しかったり、生活が困難にな状態を送っている状態にしかならない低収入の状態を指します。

日本での歴史は、2006年以降に登場するようになり、ニュースやその他のメディアでも取り上げられるようになりました。
働く貧困層として、これまでとは違う貧困の種類が誕生したとも言われていたそうです。

国税庁の調査によると、平成14年度から平成18年度にかけてのおよそ5年間の間に、ワーキングプア層に該当する人は、約180万人も増加していると言われ、年収200万円以下の就労者が増加している結果となっています。
これを受けてワーキングプアに対する社会的な注目度が高くなったと言われており、深刻な社会問題としてとらえられるようになりました。

世界中でワーキングプアが増加傾向にある中で、日本では具体的な政策として、正規雇用者と非正規雇用者の労働条件の均等化や、各企業への正規雇用の促進の呼びかけ、母子家庭世帯への自立支援策の充実などを行っているそうです。


ワーキングプアが増加している原因


ワーキングプアが増加傾向にある原因として一つ挙げられることは、就職氷河期にあると言われています。
現在のワーキングプアは20代から30代の若年層に多いと言われており、その年代が就職活動をした時期といえば、国際的にも金融不安の影響があり、新卒採用が大きく減少したと言われています。
新卒採用がなかなか成就しなかったために、仕方なく非正規雇用としての働き方を選ばざるを得なかったことは大きく影響しているようです。
生活をしていくためには非正規雇用でもなんとかやって行くしかなかったという現実が浮き彫りになっているようにも思えます。

もう一つの原因として、ゆとり教育の影響が挙げられます。
ゆとり教育の影響と言えば、極端な学力の低下と、自分で考える力、思考力の欠如が代表的です。
そのために仕事上必要になるであろう知識や、それに関する他のスキルというものを、教育上で得ることができず、いざ社会へ出てみたら正規雇用は難しいというわけです。
戦力となる人材が欲しい企業側との間では、お互いに交わるところが無いというのが現状です。
そのために正規雇用を諦め、生活していくために非正規雇用で働く人達が増加していることがワーキングプアの増加に繋がっていると思います。